Logo
 

 

...Home.. I.. Contact Us . I.. Site Map

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
住宅賃貸物件Apartment for Rent
 
 
 
香港というのは香港島、九龍、新界の3つに大別される
           
 
area 01 hk
. 香港島 Hong Kong Island
 
 
経済と行政の中心地、特に中環(セントラル)・金鐘(アドミラリティ)・湾仔(ワンチャイ)・銅鑼湾(コーズウェイベイ)のビジネス街には香港の中枢部、経済も行政も集中している地域であり、国際企業と日系企業が多数集まっています。また、日本人にとって日常的に利用する便利な場所はそのほとんどが香港島にあるため、こちらに勤務される駐在員の方は香港島内にお住まいの方が多いようです。日本人駐在員家族が多く住んでいるエリアは以下の通りです。
 
 
ミッドレべル (中半山 Mid-Levels)
   
香港の高級住宅地で、ロビンソンロード(Robinson Road)からスタッブスロード(Stubbs Road)にかけた山の中腹帯を一般ミッドレベルと呼んでいます。一流企業の日本人、駐在員外国人駐在員などが住んでいます。ミッドレべルからはスターフェリー、地下鉄、海底トンネルなどのアクセスはが充実しています。特にロビンソンロード沿線には日本人学校のバス停があり、公共バスの数も多く人気が集中し、大変便利です。
 
 
アドミラルティ ・ ワン チャイ ・ コーズウエイ ベイ ( 金鐘 ・ 灣仔 ・銅鑼湾 )
   
香港の政治経済の中心部でMTRアドミラルティ金鐘駅(Admiralty)からコーズウェイベイ(Causeway Bay)駅にかけてのこの地区。日本料理店も多く、交通の便や買い物の便は抜群、生活に便利です。
 
 
ハッピーパレ ( 跑馬地 Happy Valley )
   
競馬場の山側に広がる香港でも高級住宅街で、買物は日系デパートの集中するコーズウエーベイに出るのが大変便利です (車で10分以内) 。セントラルへの通勤もピーク時で所要時間は20分前後と便利。日本人学校のバス停も近く、日本人学校通学のお子さんがいらっしゃる日本人が割合多いようです居住するエリアです。
 
           
 
Area 02
. 九龍半島 Kowloon
 
 
九龍周辺、特に多くの日系企業の現地法人、駐在員事務所、香港支店、そしてフェリーの発着場所としても有名な尖沙咀(チムサーチョイ)を中心に西に九龍駅(空港線の一つ)東に中国へ直結する九広鉄道(KCR)ホンハム駅のあるホンハム地区、この3ヶ所を合わせると九龍半島の先端部分には、中国に拠点のあるアパレルやメーカー関係・製品原料や電子部品等を扱う商社が多く集まっています。九龍サイドに勤務の方、中国出張が多い方や、ご家族は九龍周辺に住み、ご主人は平日は中国へ、土日は香港のご自宅で過ごすと言う方には特にお勧めです。
 
 
チム サー チョイ ( 尖沙咀)
   
九龍(カオルーン)半島側のチムサアチョイ (尖沙咀 Tsim Sha Tsui)及びジョーダン (佐敦Jordan)は九龍半島の先端に位置する街区。オフィス街とショッピングエリアとして有名であり、香港のビジネスの中心地セントラルへ10分弱、空港までのアクセスも便利です。近年になり、西岸埋め立て新開発地域、MTRオリンピック駅のすぐ隣に目ぼしい高級住宅が少なかった九龍サイドに、立て続けい瀟灑なマンションが建設されました、この地区に居住する日本人の数もかなり増加しています。
 
 
ホン ハム ( 紅磡 )
   
九龍サイドで大規模な住宅開発を行った地域で、この地域は九廣鐵路”紅磡駅”がある場所であり、敷地内には日系スーパー『ジャスコ』や日系レンタルビデオ店、多種レルトラン、映画館など数多くの施設が存在しており、タイクーシンのように日本人が多く住むマンションがあり、日本人学校のスクールバスも巡回しています。また、尖沙咀までミニバスで10分、フェリーはセントラル、湾仔、北角と香港島主要地区に運行しており、通勤の便は万全です。
 
           
 
Area 03
. 新界 New Territories
 
自然が多い新界(ニューテリトリー)は香港島・九龍の中心地からMTR港鉄で約20-40分くらいの地域で、ニュータウンとして宅地開発が急速に進められるこの地域では、だまだ自然が多く残っています。香港の中心地に比べると比較的に安く、物価も安い上、非常に緑に囲まれています。近年は中国方面で活動する日本人ビジネスマンの居住エリアとしても人気を厚保m手います。また、日本人学校小学部大埔校が大埔(Tai Po)にあるため、こちらにも居住する日本人が増えてきています。
 
 
シャーティン (沙田)
   
30年ほどで開発された新興住宅地で、ニュー テリトリー(新界)でもっとも都市開発が進んだニュー タウンとしても、KCRの駅があることや、九龍への近さなどからして、一番栄えおり、駅に隣接して、ニュー タウン プラザ(新城市廣場 New Town Plaza)があります。その中に一田YATA (SEIYU、日本の西友系)デパートもあり各種レストラン、映画館、ボーリング場など多くの施設が備わっており、生活に全く不自由しない近代的な街です。
 
 
チュンワン(荃湾)
   
荃湾(チュンワン)は約200年前から客家の人々の村があった場所が、1970年代後半から地下鉄の延長工事のために村は取り壊され、客家の人々は他へ移住し、開発計画による数多くの高層団地が立ち並ぶ街である。1982年に現在の荃湾区と葵青区の地域を含めて成立した。1980年代の半ばに葵涌及青衣区が分割され、後に葵青区と改名された。駅の北はすぐ近くまで山が迫り、その山中には仏教寺院が点在している。北東は香港お馴染みの高層団地。南側は商業エリアで、大型のショッピング センターが多い。荃湾駅からは、屯門(テュンムン)、元朗(ユンロン)、錦田(ガムディン)など新界(サンガイ)西部方面へのバスが出ているので、重要な交通のポイントである。この数年間、西鉄綫の荃湾西駅(チュンワンサイ駅)周辺も開発が進み、高層タワーを含む複合商業ビルのニナタワー(如心廣場)が新たなランドマークとなっている。
 
     
           
 
香港地下鉄MTR・路線図マップ
(この路線図をクリックすると、さらに拡大した画像が表示されます。)
 
画像をクリックすると大きく見られます