procedure
Logo  

 

...Home.. I.. Contact Us . I.. Site Map

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
家賃
 
   
管理費 (Management Fee)
 
   
不動産税 (Government Rates)
 
   
土地使用税 (Government Rent)
 
 
 
 
 
 
 
   
家賃 (前払い分)
 
   
保証金 (Deposit)
 
   
仲介手数料
 
   
礼金
 
   
印紙税
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
offer
 
 
賃貸物件の内覧を終えて、希望の条件の賃貸物件お部屋が見つかったら、仮契約内容の交渉に入ります。仮契約は条件が決まれば時間を空けずに行う必要があります。仮契約が成立しなければ物件を押さえたことにはなりません。
気に入った賃貸物件は、同じ条件で探しているほかの人もきっと気に入る確率が高いので、賃貸契約は、早い者勝ちですのです。気に入った物件あったら速やかに契約に交渉にはいることをおすすめします。
仮契約書は家主さん、お客様が同意した内容に沿って当社が作成します。また、別紙で家具リストを作成し、お客様、家主さん、当社が署名します。その際、まずお部屋の仮契約金(Holding Deposit手付金にあたるものです)として家賃1ヵ月分の金額をオーナーに支払います。
具体的な条件は仮契約書をかわす前にご要望(家賃、家具・家電製品の追加)、内装のリクエスト、本契約を締結日、契約発生日(入居日)、契約期間などを個々のご希望についてを下記の事項をオーナーと交渉します。
 
 
rental
 
   
「租金」とよばれ、通常1カ月分を表示し、毎月引き落とす方法も一般的です。
 
 
management
 
   
この管理費の内容は、マンション共有部分の維持保全に必要な諸経費で、マンション内の他の住民と分担して支払う形になっています。家賃の他に管理費が発生します。金額はマンション別に、そのフラット面積やグレードに応じて異なり、契約期間途中での変更もあります。尚、この管理費は現在のところ殆どが家賃の含まれていますが、物件の内覧、契約交渉の際確認してください。
 
 
gov rates
 
   
政府が設定した年間賃料(実際の賃料とは異なります)の5%を年に4回に分けて支払います。これも家賃に含まれているかどうか、契約の際の確認が必要です。
 
 
gov rent
 
   
以前はCrown Rentと呼ばれていました。1997年7月1日イギリスから中国に返還されてGovernment Rentという名前に変わったのです。建物によって課税されるもの、課税されないものに分かれ、算出法は、香港政府が査定した該当物件の年間賃貸料の3%で、3ヶ月に1回不動産税とと同じ請求書で請求さますが、通常は家主負担です。是も契約の際に支払について確認の必要があります。
 
   
top
 
 
 
formal agt
 
 
賃貸契約書とは、賃貸に関する条件を記載しています。基本的には当社の契約書を使用しますが、家主さんの意向で弁護士が作成する場合もあります(費用は通常家主、テナントの双方で半分ずつ負担する)。本契約書2通にテナント、オーナー双方がサインをし、保証金(Security Deposit)として家賃の2ヵ月分の金額をオーナーに支払います。仮契約時の1ヶ月月分の仮契約金は前家賃として充当されます。最後にテナントとオーナー折半で香港政府への印紙税を払います。
 
 
top
 
 
 
document
 
 
賃貸物件の下見を終えて、希望の条件に合致する賃貸物件お部屋がありましたら、仮契約内容の交渉に入ります。仮契約は条件が決まれば時間を空けずに行う必要があります。仮契約が成立しなければ物件を押さえたことにはなりません。
気に入った賃貸物件は、同じ条件で探しているほかの人もきっと気に入る確率が高いので、賃貸契約は、早い者勝ちですので、本当に条件が合えばお早めにお申し込みすることをおすすめします。
仮契約書は家主さん、お客様が同意した内容に沿って当社が作成します。また、別紙で家具リストを作成し、お客様、家主さん、当社が署名します。その際、まずお部屋の予約金(Holding Deposit手付金にあたるものです)として家賃1ヵ月分の金額をオーナーに支払います。
具体的な条件は仮契約書をかわす前にご要望(家賃、家具・家電製品の追加)、内装のリクエスト、本契約を締結日、契約発生日(入居日)、契約期間などを個々のご希望についてと下記の事項をオーナーと交渉します。
 
 
個人の場合
 
 
a)
お客様の身分証明(IDカードまたはパスポート)
 
 
b)
印鑑
 
 
c)
契約書:家賃、敷金、契約期間とその内訳 (フィックス期間およびオプション期間)、途中解約の予告期限、途中解約時の罰金の有無を記載
 
 
法人の場合
 
 
a)
会社の商業営業登記 ( Business Registration Certificate ) コピー
 
 
b)
会社及び役員印
 
 
c)
契約書:家賃、敷金、契約期間とその内訳 (フィックス期間およびオプション期間)、途中解約の予告期限、途中解約時の罰金の有無を記載
 
 
top
 
 
  fee  
 
賃貸契約を締結するのに通常要する費用としては以下の項目が挙げられます。
 
 
advance
 
   
通常1カ月分。初めの家賃として充当。
 
 
deposit
 
   
「按金」と呼ばれ契約時に貸主に預け、契約終了後に無利子で返金される。ただし、物件の状態に問題がある場合や電気製品、家具が故障していた場合はその修理代金を差し引かれることもある。香港では保証金は家賃の2ヵ月分相当で、礼金の類は掛かりません。
 
 
commission
 
   

家賃の半月分、
売買手数料は売買額の1%です。

 
 
key money
 
   
礼金の制度はありません
 
 
stamp duty
 
   
HKD602.50 (家賃HK$2万の場合)
※ 印紙税は賃貸契約の法的根拠となるもので、印紙税のない契約書は法的に
無効です。


 
   
top
 
 
  fee  
 
入居時家賃(前払い分)
HKD20,0000
 
 
敷金 (家賃の2ヶ月分)
HKD40,000
 
 
印紙税 (家賃 × 0.06+5 ドル) / 2
HKD602.50
 
 
不動産仲介手数料 (家賃の半月分)
HKD10,000
 
 
合 計
HKD70,602.50
 
 
※ 契約書作成を弁護士に依頼した場合は、弁護士費用はテナントと家主さんの双方で
折半になることです。
 
 
top
 
 
 
key
 
 
入居時には家主と当社担当者3者立会いのもとで賃貸物件と鍵の引渡しが行われます。その際には、、
 
 
家具リストに記載された家具・備品の状態の確認。
 
 
電気、ガス、水道のメーターのメモリを記入する(その日以降分からの支払いとなります)。
 
 
部屋のコンディション確認と家具・家電などの使い方説明。
 
 
鍵の引き渡し汚れや傷、設備の不具合
 
 
(必要な場合は)入居者カードの申し込み
 
   
top